未分類

退職代行業者の合法の限界は?残業代は弁護士じゃなきゃダメ?

退職代行業者の合法の限界は?残業代は弁護士じゃなきゃダメ?

法律違反の心配もなく金銭の請求を依頼する方法とは?

この記事では退職代行業者と弁護士退職代行の出来る事や出来ない事についてまとめていきます。

この記事で分かる事
  1. 退職代行業者と弁護士代行の明確な違いが分かる
  2. 退職時に自分が要求したい内容で選ぶべき退職代行業の選択ポイントが分かる

あなたに変わって退職手続きを行ってくれる退職代行サービスですが、大きく二つに分けられるのはご存じでしょうか?

退職代行業者の従業員が行う代行サービス弁護士が行う代行サービスです。

ルナちゃん
ルナちゃん
弁護士がいる所といない所は、どう違うんだろう…?

今回はこれら退職代行の業態の違いについてまとめていきます。

違いを理解して自分に最適な退職代行サービスを選ぶ手助けにして下さい^^

退職代行業者ができないことは?あれもダメこれもダメ意外に多い?

退職代行業者ができないことは?あれもダメこれもダメ意外に多い?

一般的な退職代行業者とは弁護士が居ない業者の事を指しています。
一部「監修」で弁護士が居るところもありますが、代行業の作業自体には関わっていません。

この様な業態の退職代行業者はここ10数年で飛躍的に数を増やし、瞬く間に世間に認知されるまでになりました。
それだけニーズのある仕事と言えますが、実は代行業者は以下の事柄は全く行えない事はご存じでしょうか?

代行業者にできない事
  • 会社側に退職を拒否された時に退職を認める様に交渉する
  • 退職金を支払うように交渉する
  • 退職日を会社側と調整する
  • 有給休暇の取得や日数を調整する
  • 未払いの賃金(残業代、給与等々)を支払うように交渉する
  • 職場環境に起因する疾病(躁鬱病やその他病気)に関する労災認定の交渉
  • 法的トラブルが起こった時の対応
  • 訴訟が起きた時の裁判関連の対応
ルナちゃん
ルナちゃん
けっこう多くないですか?Σ(゚Д゚)
辞太郎
辞太郎
交渉や書類の代書などを行うことは、「非弁行為」にあたるから代行業者が対応することはできないんだ。

こんな一文見た事ない?

こんな一文見た事ない?

退職代行のサービス紹介HPはいろいろあって料金やサービスに違いがあったりしますが、どこのHPを見に行ってもよく似たセリフが書いてあるのを見た事ありませんか?

<弁護士の居ない退職代行業者>

  • 当社では非弁行為にあたる行為は行っておりません。
  • 当社では残業代の請求などは行っておりません。

<弁護士事務所の退職代行>

  • 弁護士事務所だと非弁行為の心配がありません。
  • 残業代の請求ができます。
  • 非弁行為を行う悪徳業者にご注意下さい
ルナちゃん
ルナちゃん
ところで、さっきから出てくる「非弁行為」って何ですか?
辞太郎
辞太郎
非弁活動とも言われていて、
弁護士資格の無い者が報酬目的で弁護士活動を行う事だ。
非弁行為を行っている代行業者は弁護士法違反になるから注意だぞ。

代理人交渉で報酬を得られるのは弁護士だけ

代理人交渉で報酬を得られるのは弁護士だけ

 

退職代行業者が出来る事は、依頼者の希望を一言一句間違わずに会社に伝える事のみと言えます。

上述した通り、報酬目的で代理人交渉ができるのは弁護士だけと法律で定められており、代行業者が非弁行為を行ってしまうと代行業者は逮捕され、最悪依頼者のあなたも逮捕されるかもしれないのです。

ルナちゃん
ルナちゃん
ヒイィッ!((((;゚Д゚))))私も逮捕されるんですか?
辞太郎
辞太郎
交渉の代理など非弁行為に当たる行為がなければ問題ないから、
心配しなくて大丈夫だ。

依頼者本人が自ら交渉したり代理人でも無償であれば交渉は可能なので、退職代行依頼中に交渉事が発生した場合でも対応が出来るし、違法行為にはなりません。
なりませんが、実際素人が交渉する事は非常に困難であるのは言うまでもありません。

ルナちゃん
ルナちゃん
無償で人に頼めるようなものでもないし、
自分で交渉して勝てる自信なんて無いです…

出来ない事だらけで退職代行が成り立つのは何故?

出来ない事だらけで退職代行が成り立つのは何故?

 

上記の説明の通り、退職代行業者は依頼者の希望を伝えるだけです。

辞太郎
辞太郎
なぜ「伝えるだけ」の代行業者を利用して退職する人がたくさんいると思う?
ルナちゃん
ルナちゃん
そ、そう言われれば確かにそうですね…
どうしてなんですか?
辞太郎
辞太郎
それは、伝えるだけで退職できる会社が圧倒的に多いからだ!
ルナちゃん
ルナちゃん
はあ…(;´・ω・)??

 

労働者には退職の権利や有給取得の権利が保障されており、退職に関しては意思表示から2週間経過すれば如何なる理由があっても退職可能な状態になります。
また退職が決まった段階で会社側は関連する手続きや書類作成を速やかに行う義務があります。
そういった権利や義務は会社側も理解しています。

なので依頼者の要求通りの内容を伝えるだけで、交渉など発生せずにほぼ円満退職となるので退職代行業者の仕事が成り立っていると言われています。

ルナちゃん
ルナちゃん
権利や義務を理解しているから、最初からわざわざ戦ったりはしないんですね…

退職代行の成功率100%にもからくりがある?

退職代行の成功率100%にもからくりがある?

退職代行業者のHPで見かける宣伝文句に“退職成功率100%を継続中”とあります。

辞太郎
辞太郎
法的に出来ない事だらけの代行業者なのに、退職成功率が100%なのは不思議に思わないか。
ルナちゃん
ルナちゃん
た、確かに100パーはちょっと不自然ですね。
どうしてなんですか?
辞太郎
辞太郎
それは、できる案件しか引き受けてないからだ!
ルナちゃん
ルナちゃん
えぇ…(;´Д`)

つまり、非弁行為にあたる相談については引き受けずに弁護士事務所へ依頼するように推薦しているから、驚異的退職率を維持できるのです。
退職日や有給休暇の調整は難しい交渉ではないので、必要時には依頼者自身にさせる事で対応していると思われます。

実際に宣伝用HPにも金銭請求や法的問題が関わる場合は弁護士を薦める旨を記載している代行業者もあります。

ルナちゃん
ルナちゃん
なるほどぉ。
こっちも知らずに違法行為になってたら困るので、
そうしてもらったほうがお互いいいですね(;^ω^)

残業代は弁護士なら請求できる☆法律のプロならではの強み8つ!

残業代は弁護士なら請求できる☆法律のプロならではの強み8つ!

弁護士は法的な専門家なのでどんな問題にも対応する事が出来ると言えます。

退職に関する事で弁護士にしか出来ない事
  • 依頼者自身が矢面に立つことなく完全な代理人として対応できる
  • 有給休暇を確実に取得し、消化できるように交渉できる
  • 未払い賃金(残業代)等の金銭請求が可能
  • 就業環境が原因の疾病に対しての労災認定の訴えを行える
  • 突発的な問題や法的トラブルに対応できる
  • 賠償請求や訴訟などの裁判に発展した場合でも対応してもらえる
  • リスクや問題点を排除した上で円満に退職できる

弁護士はどんな問題にも代理人として対応できますが、金銭請求や訴訟、裁判に関する事を依頼すると利用料金が大きく跳ね上がります。
そしてこれらは定額の一括料金に含まれない事がほとんどなので、ここだけはしっかりと確認した上で利用しましょう。

辞太郎
辞太郎
最低でも着手料成功報酬は請求される。
数十万単位の出費になるから注意するんだぞ!

弁護士事務所であれば全ての問題に対応できます

弁護士事務所であれば全ての問題に対応できます

今回は退職代行業者と弁護士の代行業者で出来る事や出来ない事をまとめていきました。

自分が退職する会社が余程のブラック企業で無ければ、退職代行業者を利用しての退職でも問題ないとわかりましたね。

もし金銭請求等が関わる場合は、弁護士事務所の退職代行に依頼しましょう。
また、予想できないトラブルに備えて安全策を取りたいという場合も、弁護士事務所がオススメです。

弁護士法人みやびをオススメする理由
    • 金銭請求なしの退職代行なら定額55,000円で対応可能だから
    • 様々なトラブルやリスクを排除して安心安全で確実に退職できるから
    • 未払い金銭の請求やあらゆる訴訟関連の対応も可能だから

弁護士法人みやびで安心安全に退職する!